エコ・クッキング

[捨てるなんてモッタイナイ!]
ネギの青い部分&白菜&手羽元の白湯鍋

エコ・クッキング・ポイント

  • 捨ててしまいがちな、白ネギの青い部分を短冊に切ることで、
    柔らかくおいしく食べられます。
    ✱韓国訪問の際、露店のおばさんがキムチをつくるため、大量に
     この方法で切っているのを見て以来、真似しています。
    [写真]は「作り方」の下にあります。
  • 残ったら水としょう油を加え、ちょっと違った味のスープにリメイク

材料(3~4人分)

手羽元 400g  白菜(キャベツ) 400g
ネギ お好みで1本分くらい(青い部分だけでもOK)
キノコ類(エノキ、シイタケ、シメジなど) 適宜
ニラ(あれば)、ニンジン 適宜
ショウガ 1片(チューブ入りなら2cmくらい)

<調味料>
鶏ガラスープの素 大さじ1.5杯  酒 50cc  塩・コショウ 適宜

水 1,200cc  油 少々  薬味(柚子胡椒、豆板醤、コチュジャンなど) お好みで

作り方

  1. 手羽元は洗って水気を拭き取り、塩少々をふる。
  2. 白菜・ニラはざく切り、ショウガは薄切り、キノコ類、ニンジンは適宜切る。
  3. ネギは、白い部分、青い部分とも、1本を5cmくらいの長さにぶつ切りにし、それを縦長な半分あるいは4半分に切る。[写真下]【エコ・クッキング・ポイント参照】
  4. フライパンに油少々を入れ、❶の手羽元を入れ、中火で焼き色がつくまで炒める。
  5. 土鍋に❹の肉と❷❸の野菜を入れ、水、酒、鶏ガラスープの素を加え、強火で沸騰させ、その後弱火にして、あくを取りながら20~30分煮込み、塩・コショウで味を調えたらできあがり。
つくってみました!

肉を焼いてから入れるので、くさみがなく、あっさりしていておいしい。
野菜がたくさん食べられます!
翌朝のスープも熱々で栄養満点。

【レシピ制作】 エコ・クッキングナビゲーター 宮原則子(長野県地球温暖化防止活動推進員)